『※ 当ブログはプロモーションを含みます』

新型センチュリーSUVの価格・内装とボディーカラーや燃費の特集!

新型センチュリーSUVの価格・内装とボディーカラーの特集! レクサス・トヨタ

新型センチュリーSUVが登場し、その価格と特徴が注目を集めています。25,000,000円からの価格帯で提供されるこの高級SUVは、最先端のプラグインハイブリッド技術と快適なドライブをサポートする豊富な機能を備え、14.2km/Lの効率的な燃費を実現しています。内装は伝統的な日本の工芸と最新テクノロジーの融合を特徴とし、高級感あふれるボディーカラーとカスタマイズオプションが提供されています。新型センチュリーSUVは、ただの移動手段を超えた高品質なライフスタイルを提案します。

この記事のポイント!
  • 新型センチュリーSUVの価格と特徴
  • 内装の特徴
  • ボディーカラーの選択肢

・新型センチュリーSUV 動画(You Tube)
・新型センチュリーSUVの価格・燃費
・内装:新型センチュリーSUV
・新型センチュリーSUVのボディーカラーを徹底解説!

センチュリー 動画(You Tube)

出典:トヨタ YouTubeショールーム

新型センチュリーSUVの価格・燃費

新型センチュリーSUVの価格

センチュリー公式サイト

センチュリーと聞くと、多くの人々がその高級感と日本の伝統工芸を想像することでしょう。センチュリーは、トヨタが誇る最高峰の車として、長い間市場で一貫して高評価を受けてきました。そんなセンチュリーが、新たなSUVモデルとして登場するというニュースは、自動車業界だけでなく、多くの車好きの心をとらえました。

しかし、新型というだけでなくSUVモデルということで、最も気になるのは「価格」ではないでしょうか?ここでは、新型センチュリーSUVの価格帯について、詳しく探っていきます。


センチュリーの価格形成の背景

センチュリーはその名の通り、高品質な素材と先進の技術を駆使し、手間ひまかけて製造されています。それは伝統的なセンチュリーシリーズでも変わりません。このこだわりが、高い価格帯を形成する大きな要因となっています。


新型センチュリーSUVの価格

新型センチュリーSUVの価格

センチュリーSUV
メーカー希望小売価格
25,000,000円(税込)

新型センチュリーSUVは、2,500万円からのスタートとなっています。この価格は、従来のセンチュリーシリーズと比較しても適切なポジショニングとなっており、その価格に相応の価値がしっかりと詰まっていることが伺えます。


価格の内訳

この価格には、どのような要素が反映されているのでしょうか。新型センチュリーSUVは、最先端のプラグインハイブリッド技術を採用。環境性能と走行性能の両方を追求しています。また、内装にもこだわりがあり、高性能のオーディオシステムやフルリクライニング可能な後席シートなど、快適なドライブをサポートする機能が豊富に取り揃えられています。これらの先進技術と快適性が、価格を形成する大きな要因となっています。

燃費

WLTCモード :14.2km/L

新型トヨタセンチュリーSUVは、先進のパワートレインを搭載し、乗り心地を優先しつつも14.2km/Lという効率的な燃費を実現しています。 さらに、充電による電力を使用して日常走行をサポートすることで、環境への配慮も一段と強化されています。

競合他車との比較

世界の高級SUV市場は、ロールスロイスやランボルギーニなど、さまざまなメーカーが参入しています。新型センチュリーSUVの価格は、これらの競合他車と比較しても十分に競争力があると言えます。特に、日本製というブランド価値を考慮すれば、この価格帯は非常に魅力的と感じられるでしょう。


新型センチュリーSUVの価格は、その伝統と最先端技術、そして日本の工芸品質を持つブランド価値がしっかりと反映されたものとなっています。この車を選ぶことは、ただの移動手段ではなく、高品質なライフスタイルの一部としての選択と言えるでしょう。

内装:新型センチュリーSUV

内装:新型センチュリーSUV

トヨタのセンチュリーは、その名前が示す通り、長きにわたる伝統と高級感を持つモデルとして知られています。新型SUVモデルの登場に伴い、その内装にも多くの注目が集まっています。今回は、新型センチュリーSUVの内装の特徴と魅力を紐解いていきます。


伝統的な日本の工芸を感じるデザイン

新型センチュリーSUVの内装

新型センチュリーSUVの内装は、日本の伝統工芸を現代のデザインに取り入れたものとなっています。例えば、ダッシュボードやドアのトリムには、細やかな木目の加工が施され、それぞれの部品に職人の手仕事を感じることができます。


最先端のテクノロジーとの融合

新型センチュリーSUV最先端のテクノロジーとの融合

一方で、この車は最新のテクノロジーも豊富に採用しています。中央の大型ディスプレイからは、最新のナビゲーションやオンライン会議システムなど、ビジネスシーンでも十分に対応可能な機能が提供されています。


シートの快適性

シートの快適性:新型センチュリーSUV

シートに関しても、センチュリーの内装の魅力を大いに感じることができます。特に後席は、フルリクライニングが可能で、長時間のドライブでも疲れを感じさせない快適な空間が提供されています。シートには高級なレザーが使用され、その質感も一級品です。

高性能のオーディオシステム

センチュリーSUVの高性能のオーディオシステム

音楽や映画を楽しむためのオーディオシステムも、センチュリーSUVの大きな魅力の一つです。楽器製造に関わる職人の技術を取り入れたスピーカーは、クリアで深みのあるサウンドを再生します。これにより、ドライブ中でも高品質なエンターテインメントを楽しむことができます。


新型センチュリーSUVの内装は、伝統と革新が見事に融合した空間となっています。その高級感と快適性は、この車を選ぶ最大の理由と言っても過言ではないでしょう。是非、実際にその空間を体感して、センチュリーの世界を堪能してみてください。

新型センチュリーSUVのボディーカラーを徹底解説!

新型センチュリーSUVのボディーカラーを徹底解説

通常のボディーカラー

新型センチュリーSUVのボディーカラーは、以下の3色が用意されています。

  • 白鶴(はっかく)プレシャスホワイトパール×シルバー
  • 黎明(れいめい)プロミネントグレー×シルバー
  • 麟鳳(りんぽう)ブラック×シルバー

いずれも、上質感と高級感を兼ね備えたカラーリングとなっています。

白鶴(はっかく)プレシャスホワイトパール×シルバー

白鶴(はっかく)プレシャスホワイトパール×シルバー

白鶴は、日本の国鳥である「鶴」をモチーフにしたカラーリングです。プレシャスホワイトパールとシルバーの組み合わせにより、上品で華やかな印象を与えます。

黎明(れいめい)プロミネントグレー×シルバー

黎明(れいめい)プロミネントグレー×シルバー

黎明は、夜明けの空をイメージしたカラーリングです。プロミネントグレーとシルバーの組み合わせにより、落ち着きと高級感を演出します。

麟鳳(りんぽう)ブラック×シルバー

麟鳳(りんぽう)ブラック×シルバー

麟鳳は、伝説上の動物である「麒麟」と「鳳凰」をモチーフにしたカラーリングです。ブラックとシルバーの組み合わせにより、力強さと威厳を表現しています。

メーカーオプションのボディーカラー

新型センチュリーSUVには、メーカーオプションで以下の4色のボディーカラーが用意されています。

  • [KIWAMI LINE]黎明 単彩(れいめい たんさい)プロミネントグレー
  • [KIWAMI LINE]麟鳳 単彩(りんぽう たんさい)ブラック
  • [KIWAMI LINE]黎明 杼型(れいめい ひがた)プロミネントグレー×ブラック
  • [KIWAMI LINE]紅蓮(ぐれん)グローリーレッド×シルバー

メーカーオプションで選択することで、センチュリーSUVの個性と存在感をさらに引き立てることができます。

[KIWAMI LINE]黎明 単彩(れいめい たんさい)プロミネントグレー

[KIWAMI LINE]黎明 単彩(れいめい たんさい)プロミネントグレー

黎明 単彩は、プロミネントグレーの単色塗装です。シックな印象を与えるカラーリングで、落ち着いた雰囲気を演出します。

※黎明 単彩(れいめい たんさい)プロミネントグレーはメーカーオプション:150,000円(消費税抜き136,364円)

[KIWAMI LINE]紅蓮(ぐれん)グローリーレッド×シルバー

[KIWAMI LINE]紅蓮(ぐれん)グローリーレッド×シルバー

この紅蓮グローリーレッドは、シルバーとのコンビネーションでさらにその魅力を増しています。シルバーが持つ洗練された雰囲気と、紅蓮の情熱的な赤色が見事に調和し、高級感と同時にスポーティな印象を与えています。

※紅蓮(ぐれん)グローリーレッド×シルバーはメーカーオプション:700,000円(消費税抜き636,364円)

[KIWAMI LINE]黎明 杼型(れいめい ひがた)プロミネントグレー×ブラック

[KIWAMI LINE]黎明 杼型(れいめい ひがた)プロミネントグレー×ブラック

黎明 杼型は、プロミネントグレーとブラックのツートン塗装です。力強くエレガントな印象を与えるカラーリングで、センチュリーSUVの存在感を高めます。

※黎明 杼型(れいめい ひがた)プロミネントグレー×ブラックはメーカーオプション:2,000,000円(消費税抜き1,818,182円)

[KIWAMI LINE]麟鳳 単彩(りんぽう たんさい)ブラック

[KIWAMI LINE]麟鳳 単彩(りんぽう たんさい)ブラック

麟鳳 単彩(りんぽう たんさい)ブラックは単色塗装です。その漆黒の輝きが、センチュリーSUVの威厳と高級感をさらに引き立てます。また、漆黒のボディーは、どんなシーンにもマッチし、洗練された印象を与えます。

※麟鳳 単彩(りんぽう たんさい)ブラックはメーカーオプション:150,000円(消費税抜き136,364円)


[KIWAMI LINE]の特徴

[KIWAMI LINE]という名の通り、これはセンチュリーSUVの中でも最上級のラインナップに位置するカラーバリエーションです。そのため、このカラーを持つ車は、さらに特別感が増します。細部までこだわり抜かれたこのカラーは、所有者の個性やセンスを際立たせることでしょう。


新型センチュリーSUVのボディーカラーは、上質感と高級感を兼ね備えたカラーリングが用意されています。また、メーカーオプションで、さらに個性的なカラーリングを選択することも可能です。

ご自身の好みやライフスタイルに合わせて、最適なボディーカラーを選んでみてはいかがでしょうか。

新型センチュリーSUVのエンブレム:伝統と革新が融合したデザイン

新型センチュリーSUVのエンブレム

エンブレムは、センチュリーセダンのエンブレムを踏襲しながらも、SUVの力強さと先進性を表現したデザインとなっています。

伝統を継承する鳳凰エンブレム

新型センチュリーSUVのエンブレムの中心には、センチュリーを象徴する鳳凰が配されています。鳳凰は、伝説上の動物で、不死鳥とも呼ばれています。センチュリーセダンのエンブレムにも採用されている鳳凰は、センチュリーの高級感と威厳を表現しています。


新型センチュリーSUVのエンブレムは、伝統と革新が融合したデザインとなっています。センチュリーセダンのエンブレムを踏襲しながらも、SUVの力強さと先進性を表現した、高級感と存在感を兼ね備えたエンブレムです。

トヨタ センチュリー 仕様・諸元

車両型式・重量・性能
車両型式6LA-GRG75-CNXGB
車両重量 (kg)2,570※1※2
車両総重量 (kg)2,790※1※2
最小回転半径 (m)5.5
燃料消費率 (km/L)14.2
市街地モード (km/L)10.6
郊外モード (km/L)16.2
高速道路モード (km/L)15.2
主要燃費改善対策プラグインハイブリッドシステム、アイドリングストップ装置、可変バルブタイミング、電動パワーステアリング、電気式無段変速機
充電電力使用時走行距離 (km)69
EV走行換算距離 (km)69
交流電力量消費率 (Wh/km)213
市街地/郊外/高速道路モード (Wh/km)201/200/236
電力消費率 (km/kWh)4.70
市街地/郊外/高速道路モード (km/kWh)4.98/5.00/4.24
一充電消費電力量 (kWh/回)14.73
寸法・定員
全長 (mm)5,205
全幅 (mm)1,990
全高 (mm)1,805
ホイールベース (mm)2,950
トレッド フロント/リヤ (mm)1,705/1,715※6
最低地上高 (mm)185※7
室内 長/幅/高 (mm)2,145/1,605/1,245※7
乗車定員 (名)4
エンジン
型式2GR-FXS
総排気量 (L)3.456
種類V型6気筒
使用燃料無鉛プレミアムガソリン
内径×行程 (mm)94.0×83.0
最高出力 (kW(PS)/r.p.m.)193(262)/6,000
最大トルク (N・m(kgf・m)/r.p.m.)335(34.2)/4,600
燃料供給装置筒内直接+ポート燃料噴射装置(D-4S)
燃料タンク容量 (L)55
走行装置・駆動方式
サスペンション フロントマクファーソンストラット式コイルスプリング(スタビライザー付)
リヤマルチリンク式コイルスプリング(スタビライザー付)
ブレーキ フロント/リヤベンチレーテッドディスク/ベンチレーテッドディスク
作動方式油圧・回生ブレーキ協調式
駆動方式E-Four Advanced(電気式4輪駆動方式)
トランスミッション・減速比
トランスミッション電気式無段変速機
減速比 フロント/リヤ3.638/13.786
フロントモーター
型式5NM
種類交流同期電動機
最高出力 (kW(PS))134(182)
最大トルク (N・m(kgf・m))270(27.5)
リヤモーター
型式1YM
種類交流同期電動機
最高出力 (kW(PS))80(109)
最大トルク (N・m(kgf・m))169(17.2)
動力用主電池
種類リチウムイオン電池
容量 (Ah)51
出典:センチュリー公式サイト

総評:新型センチュリーSUVの価格・内装とボディーカラーや燃費の特集!

新型センチュリーSUVは、伝統的なセンチュリーの品格を保ちつつ、現代のニーズにしっかりと応える車としてデザインされています。価格、内装、ボディーカラーともに、高級車としての立ち位置をしっかりと確立しつつ、多様な消費者の要望に応える選択肢を提供しています。今後のさらなる展開にも注目です。


以上が新型センチュリーSUVの価格、内装、ボディーカラー、燃費に関する特集でした。