『※ 当ブログはプロモーションを含みます』

2023年12月国内自動車販売ランキング情報:乗用車・軽四輪車・外車

2023年12月国内自動車販売ランキング情報:乗用車・軽四輪車・外車 各種ランキング

この記事では、2023年12月における国内自動車販売の最新ランキングをご紹介します。今月も各カテゴリーで激しい順位争いが繰り広げられました。乗用車、軽四輪車、そして外国メーカー車の各ランキングを詳しく見ていきましょう。

乗用車ブランド通称名別順位:2023年12月の総括

乗用車ブランド通称名別順位:2023年12月の総括

出典:トヨタ カローラ

2023年12月の乗用車販売ランキングを見ると、トヨタがその強力なブランド力と幅広い車種の魅力で再び市場をリードしていることが明らかです。特に「ヤリス」が14,255台で堂々の首位に輝き、「カローラ」と「シエンタ」もそれぞれ好調な販売数を記録し、トップ3の座をトヨタが独占しました。

トヨタの圧倒的な存在感

トヨタは長年にわたり、日本国内外でその信頼性高い品質と継続的なイノベーションにより、強固な地位を築いてきました。今月のランキングでもその傾向が続いており、「ヤリス」、「カローラ」、「シエンタ」の3車種が上位を占めることで、多様な顧客ニーズに対応できるトヨタのラインナップの強さが証明されました。

ホンダの躍進

一方、ホンダも「ヴェゼル」と「フリード」の2車種でトップ10内にランクインし、特に若年層やファミリー層からの支持を集めています。ホンダのデザインと革新的な技術は、特に都市部のドライバーに人気があり、安定した人気を背景に今月も好成績を収めました。

日産の安定したパフォーマンス

日産も「セレナ」と「ノート」でトップ10に名を連ね、特にファミリー向け車種としてのセレナの人気が高いことが見て取れます。日産の先進技術と独自のデザインが、一定の顧客層にしっかりと受け入れられていることが伺えます。

2023年12月の乗用車販売ランキングは、国内自動車市場が依然として競争が激しい環境にあることを示しています。トヨタが引き続きリードしている中、ホンダや日産といった他のメーカーも独自の強みを活かして市場に挑んでいます。来月もこの緊張感ある競争がどのように展開するか、引き続き注目していきたいと思います。

2023年12月の乗用車ブランド通称名別順位

順位ブランド通称名ブランド名台数
1ヤリストヨタ14,255
2カローラトヨタ11,411
3シエンタトヨタ9,390
4ルーミートヨタ8,917
5プリウストヨタ7,222
6ヴェゼルホンダ6,928
7フリードホンダ6,684
8セレナ日産6,009
9ノート日産5,994
10ライズトヨタ5,046
11アクアトヨタ4,885
12アルファードトヨタ4,668
13ハリアートヨタ4,656
14ノアトヨタ4,411
15ステップワゴンホンダ4,308
出典:一般社団法人日本自動車販売協会連合会

軽四輪車通称名別新車販売確報:2023年12月の分析

軽四輪車通称名別新車販売確報:2023年12月の分析

出典:ホンダ N-BOX

2023年12月の軽四輪車市場では、ホンダの「N-BOX」が19,681台で圧倒的な1位を記録し、その人気の高さを再確認させました。この結果は、N-BOXの独特なデザインと実用性が消費者のニーズにぴったり合っていることを示しています。また、ダイハツは「タント」、「ミラ」、「タフト」、「ムーヴ」といった車種でランキングの上位に名を連ね、軽自動車市場におけるその強固な地位を保持しています。

ホンダ N-BOXの圧倒的な人気

ホンダのN-BOXが軽四輪車市場でダントツの人気を博している理由は、その高い実用性と優れた燃費性能、そして家族でも快適に過ごせる広々とした室内空間にあります。これらの特徴が消費者から高く評価され、軽自動車市場におけるリーダー的存在であることを証明しています。

ダイハツのラインナップの多様性

ダイハツは「タント」、「ミラ」、「タフト」、「ムーヴ」といった車種でランキング上位に位置しており、その多様なニーズに応える幅広いラインナップが消費者に受け入れられています。各車種が持つユニークな特徴が、さまざまなライフスタイルや好みにマッチし、ダイハツの強さとして市場に認識されています。

2023年12月の軽四輪車新車販売確報は、ホンダの「N-BOX」が軽自動車市場のリーダーとしての地位を堅持していること、そしてダイハツが多様なニーズに応えるラインナップで市場に貢献していることを示しています。軽自動車市場の競争は今後も激しさを増していくことが予想されますが、各メーカーの戦略が今後の市場動向を左右していくことでしょう。

2023年12月の軽四輪車通称名別新車販売確報

順位メーカー通称名本月台数
1ホンダN-BOX19,681
2ダイハツタント11,792
3スズキスペーシア11,089
4スズキハスラー6,411
5日産ルークス5,989
6ダイハツミラ5,494
7ダイハツタフト5,221
8ダイハツムーヴ4,988
9スズキワゴンR4,785
10三菱デリカミニek4,582
11スズキアルト3,687
12日産デイズ2,925
13スズキジムニー2,815
14ホンダN-WGN2,458
15日産サクラ2,442
出典:一般社団法人 全国軽自動車協会連合会

外国メーカー車モデル別新車登録台数順位:2023年10月〜12月の分析

外国メーカー車モデル別新車登録台数順位

出典:ミニ

2023年10月から12月の期間において、外国メーカー車の日本市場での新車登録台数ランキングは特に注目に値します。この期間、BMWの「ミニ」が4,682台でトップを獲得し、フォルクスワーゲンの「ゴルフ」やメルセデス・ベンツの「GLC」もそれぞれ好調な販売を記録しました。

BMW ミニのトップパフォーマンス

BMW ミニがトップに立ったのは、その独特のデザインとブランド力が大きく貢献しています。ミニはそのコンパクトながらも個性的なスタイルと、走行性能の高さで、幅広い層からの支持を集めています。特に都市部での利便性とスタイルを兼ね備えた車として、多くのファンに選ばれています。

フォルクスワーゲンとメルセデス・ベンツの競争

フォルクスワーゲンの「ゴルフ」は、その実用性と走行性能のバランスの良さで知られ、長年にわたり世界中で愛されているモデルです。日本市場でもその人気は衰えず、今回のランキングで2位にランクインしました。

一方、メルセデス・ベンツは「GLC」や「Cクラス」、「GLB」といったSUVからセダンまで、多様なモデルでランキング上位に名を連ねています。特に「GLC」はその洗練されたデザインと高い実用性で、日本市場におけるSUVの需要を捉え、好調な販売を維持しています。

2023年末の外国メーカー車の新車登録台数ランキングは、日本市場での外国車の人気が健在であることを示しています。BMW、フォルクスワーゲン、メルセデス・ベンツといったブランドが、多様なニーズに応えるモデルで競争を繰り広げており、今後の動向も大いに注目されます。

2023年10月~12月:外国メーカー車モデル別新車登録台数順位

順位車名台数
1位BMW ミニ4,682
2位フォルクスワーゲン ゴルフ3,533
3位メルセデス・ベンツ GLC2,144
4位メルセデスベンツ Cクラス1,811
5位メルセデス・ベンツ GLB1,758
6位BMW 3シリーズ1,493
7位フォルクスワーゲン T-ROC1,472
8位フォルクスワーゲン T-Cross1,384
9位フォルクスワーゲン ポロ1,364
10位アウディー A3 シリーズ1,356
11位BMW 2シリーズ1,343
12位メルセデスベンツ Gクラス1,339
13位BMW X11,293
14位ボルボ 60シリーズ1,144
15位アウディー Q31,102
出典:日本自動車輸入組合

まとめ:2023年12月国内自動車販売ランキング情報:乗用車・軽四輪車・外車

2023年12月の自動車販売ランキングを振り返ると、国内メーカーから外国メーカーに至るまで、様々なブランドが市場での優位性を確立しようと競争を繰り広げていることが見て取れます。国内ではトヨタが強力なラインナップで上位を独占し、ホンダや日産も好調を維持しています。軽自動車市場ではホンダのN-BOXが圧倒的な人気を誇り、ダイハツやスズキも競争に加わっています。

外国メーカー車に目を向けると、BMWの「ミニ」やフォルクスワーゲンの「ゴルフ」、メルセデス・ベンツの「GLC」などが好調な販売を記録し、日本市場での存在感を示しています。これらの車種は独特のデザインや先進的な機能、ブランドの信頼性などにより、多くの消費者から選ばれています。

このように、多様なニーズに応えるべく各メーカーが独自の戦略を展開している中、ランキングの変動は常に注目されています。来月も新たな動きが期待され、自動車業界の今後のトレンドや消費者の選択がどのように変化するかを見守るのが楽しみです。次回の更新も、新しい情報や分析をお届けする予定ですので、ぜひお楽しみにしてください。


出典: