『※ 当ブログはプロモーションを含みます』

ロールスロイス「スペクター」電気自動車(EV): 価格と充電技術

ロールスロイス「スペクター」電気自動車(EV): 価格と充電技術 ロールスロイス

ロールスロイススペクターは、伝統のクラフトマンシップと最先端の電気自動車(EV)技術が融合した、最上級のラグジュアリーEVです。この記事では、スペクターが持つ独特の特徴を深掘りし、その外観の優雅さとボディーカラーの豊富さがいかに魅力的であるかを詳述します。内部に目を向ければ、ロールスロイス「スペクター」のインテリアは、細部にわたるこだわりと究極の贅沢さを体感させてくれます。発売日と日本での納車スケジュールについても触れ、購入を検討している方々にとっての重要な情報を提供します。さらに、この車両の価格と、ロールスロイススペクターが持つスペックの詳細を解説し、その特徴と魅力を明らかにします。ロールスロイススペクターは、ただのEVではなく、移動するサロンとしての経験を提供し、自動車の未来を象徴する一台となるでしょう。

この記事のポイント!
  • ロールスロイスの伝統と最新技術の融合
  • 高性能と豪華なインテリア
  • 価格と市場への影響

・ロールスロイススペクター:伝統と革新が融合した最上級の電気自動車(EV)
・ロールスロイス「スペクター」動画(You Tube)
・ロールスロイス「スペクター」の特徴
・ロールスロイス「スペクター」の外観・ボディーカラーの魅力

ロールスロイススペクター:伝統と革新が融合した最上級の電気自動車(EV)

ロールスロイススペクター

ロールスロイスの伝統を受け継ぐ、EVの最高峰「スペクター」

公式サイト:ロールスロイス・スペクター

ロールスロイスは、2023年7月に初の電気自動車「スペクター」を発表しました。スペクターは、ロールスロイスの伝統的なデザインと最先端の技術を融合させた、新たなラグジュアリーEVです。

ロールスロイス「スペクター」動画(You Tube)

出典:RoCars

ロールスロイス「スペクター」の特徴

ロールスロイス「スペクター」の外観は、ロールスロイスの伝統的なデザインを踏襲しています。フロントグリルは、ブランド史上最もワイドなものとなり、威風堂々とした印象を与えます。また、スプリットヘッドライトや、2mに及ぶ車幅などにより、存在感を放っています。

インテリアは、ロールスロイスの伝統的な贅沢さと、最新のテクノロジーを融合させたものです。ダッシュボードには、12.3インチのデジタルディスプレイと、10.25インチのタッチスクリーンを搭載しています。また、ヘッドアップディスプレイや、音声認識システムなども採用しています。

スペクターのパワートレインは、2基のモーターを搭載し、最高出力585PS、最大トルク900Nmを発揮します。0-100km/h加速は4.5秒、最高速は250km/hです。また、102kWhのバッテリーを搭載し、WLTPモードで530kmの航続距離を実現しています。

ロールスロイス「スペクター」の外観・ボディーカラーの魅力

ロールスロイスの名前だけで、多くの人々の心に高級感やエレガンスのイメージが浮かぶでしょう。そして、彼らの最新作「スペクター」は、その伝統を踏襲しつつも、新しい時代の息吹を感じさせる外観とボディーカラーで私たちを魅了します。

ロールスロイススペクターの外観・ボディーカラーの魅力

・ロールスロイス「スペクター」のインテリア: 究極のラグジュアリーを体感
・ロールスロイス「スペクター」の発売日、日本での納車はいつ?
・ロールスロイス「スペクター」の価格はいくら?
・ロールスロイススペクターのスペック、その特徴と魅力

ロールスロイス「スペクター」のインテリア: 究極のラグジュアリーを体感

ロールスロイスの名は、高級車界の中でも特に上質さやエレガンスを代表するブランドとして知られています。その新たなシリーズ「スペクター」のインテリアは、期待を裏切らない驚異的な美しさと機能性を備えています。

ロールスロイス「スペクター」のインテリア

最先端のテクノロジー

ロールスロイス「スペクター」のインテリアは、最新のデジタル技術を組み込んだダッシュボードや、タッチパネルは未来感を演出しています。

ロールスロイス「スペクター」のインテリア

座席: 贅沢の極み

使用されているレザーは、特別に選ばれた上質なものだけ。その座り心地は、まるで雲に浮かぶような感覚を与えてくれます。さらに、シートヒーターやマッサージ機能も完備。長時間のドライブでも疲れを感じさせません。

ロールスロイス「スペクター」の座席

ロールスロイス「スペクター」のインテリアは、ただの車の中とは言えません。それは、動くラグジュアリースイートルーム、またはプライベートな美術館のような存在です。一度その贅沢さを体験すれば、他の車には乗れなくなるかもしれません。

ロールスロイス「スペクター」のインテリア

星々が煌めくドアの秘密

インテリアデザインの新たな境地を目指して、コーチドアの内部には繊細に刻まれた4796個の星を持つ「スターライトドア」が取り入れられた。さらに、5584個の星の輝きが集結して「イルミネーテッドファシア」として展開。その結果、スペクターのネームプレートが星空のようにきらめき、深い夜の美しさと幻想を実際の空間に取り込んだかのような雰囲気を生み出す。このインテリアのドアパネルには、上質でナチュラルな感触を持つオープンポアの仕上げが採用されており、現代的なデザインと調和するマットな質感が特長的で、訪れる人々の視線を引きつけること間違いなし。

星々が煌めくドアの秘密

ロールスロイス「スペクター」の発売日、日本での納車はいつ?

ロールスロイスは、2023年7月に初の電気自動車「スペクター」を発表しました。スペクターは、2023年第4四半期から世界各国で発売が開始される予定です。

日本での発売日

日本での発売日は、2023年12月を予定しています。ロールスロイスの日本法人であるロールス・ロイス・モーター・カーズ ジャパンは、2023年7月20日に発表したプレスリリースで、日本での発売日を2023年12月と発表しています。

日本での納車

日本での納車は、2023年12月以降、順次開始される予定です。ロールス・ロイス・モーター・カーズ ジャパンは、2023年7月20日に発表したプレスリリースで、日本での納車は2023年12月以降と発表しています。

ロールスロイス「スペクター」の価格

ロールスロイス「スペクター」の価格はいくら?

ロールスロイスは、2023年7月に初の電気自動車「スペクター」を発表しました。スペクターの価格は、4800万円よりとなっています。

ロールスロイススペクターの価格は、4800万円より

ロールスロイススペクターの価格は、4800万円よりとなっています。これは、ロールスロイスの他のモデルと同様に、オーダーメイドの車両となるため、価格は個別に設定されます。

ロールスロイススペクターの価格は、他のEVと比較するとどうなのか?

ロールスロイススペクターの価格は、他のEVと比較すると、かなり高額です。例えば、テスラのモデルSは、1000万円台から、ポルシェのタイカンは、1500万円台からとなっています。

ロールスロイススペクターの価格が高い理由は?

ロールスロイススペクターの価格が高い理由は、以下のとおりです。

  • ロールスロイスは、世界最高峰のラグジュアリーブランドであるため、価格が高額になる。
  • スペクターは、ロールスロイスの伝統と最新技術を融合させた、新たなラグジュアリーEVである。
  • スペクターは、オーダーメイドの車両となるため、価格は個別に設定される。

ロールスロイススペクターは、世界最高峰のラグジュアリーブランドであるため、価格が高額になると言えるでしょう。

ロールスロイススペクターのスペック、その特徴と魅力

スペック

スペクターのスペックを、以下の表にまとめました。

スペック
ボディサイズ全長5475mm×全幅2144mm×全高1573mm
ホイールベース3210mm
車両重量2975kg
モーター2基、最高出力585PS、最大トルク900Nm
バッテリー容量102kWh
航続距離WLTPモードで530km
0-100km/h加速4.5秒
最高速250km/h

パフォーマンスと航続距離

スペクターは、2基のモーターを搭載し、最高出力585PS、最大トルク900Nmを発揮します。

0-100km/h加速は4.5秒、最高速は250km/hです。

また、102kWhのバッテリーを搭載し、WLTPモードで530kmの航続距離を実現しています。

魅力

スペクターの魅力は、以下の3つが挙げられます。

  1. ロールスロイスの伝統と最新技術の融合
  2. 圧倒的な存在感と、最上級の乗り心地
  3. 環境に優しいEV

ロールスロイスの伝統と最新技術を融合させたスペクターは、新たなラグジュアリーEVの基準となるモデルと言えるでしょう。圧倒的な存在感と、最上級の乗り心地は、ロールスロイスの伝統を継承しています。また、環境に優しいEVであることも、ロールスロイスの新たな挑戦と言えるでしょう。

スペクターの評価:ロールスロイス「スペクター」電気自動車(EV): 価格と充電技術

スペクターは、そのラグジュアリーさとパフォーマンスが評価され、発売前から大きな注目を集めています。海外の自動車ジャーナリストからは、「ロールスロイスの伝統を受け継ぎ、新たな時代の幕開けを告げるモデル」との評価を受けています。

ロールスロイススペクターの評価

関連ページ