『※ 当ブログはプロモーションを含みます』

スバル愛好家(スバリスト)必見!スバル車の雑学10選!

スバル愛好家(スバリスト)必見!スバル車の雑学10選! その他の自動車メーカー

こんにちは、今回は「スバル車の雑学10選」について紹介します。スバルは日本を代表する自動車メーカーで、そのユニークな技術と歴史には多くの興味深いポイントがあります。それでは、スバルの世界に飛び込んでみましょう!

スバル車の雑学10選 動画(You Tube)

この記事のポイント!
  • スバルの雑学・起源と進化
  • スバルの独自技術と製品
  • スバルのブランドアイデンティティ

雑学1.スバルの起源
雑学2.商号の変更
雑学3.スバル・360の成功
・​雑学4.ユニークな技術
雑学5.スバルのロゴ

  1. スバル車の雑学10選!スバル愛好家(スバリスト)必見!
    1. 雑学1.スバルの起源
      1. スバルの起源 – 詳細解説
        1. 中島飛行機の設立:
        2. 戦後の転換:
        3. 富士産業への改称と分割:
        4. 富士重工業の設立:
        5. 自動車製造への転換:
    2. 雑学2.商号の変更
      1. スバルの商号変更 – 詳細解説
        1. 富士重工業からの変遷:
        2. ブランド名「スバル」の浸透:
        3. 商号変更の決定:
        4. 変更の意図:
    3. 雑学3.スバル・360の成功
      1. スバル・360の成功 – 詳細解説
        1. スバル・360の登場:
        2. 設計の特徴:
        3. 愛称「レディバード」:
        4. 経済的な選択:
        5. 製造と販売の成功:
        6. スバルのブランド確立:
    4. 雑学4.ユニークな技術
      1. スバルのユニークな技術 – 詳細解説
        1. 水平対向エンジン:
        2. シンメトリカルAWD(全輪駆動):
        3. レガシィシリーズとアイサイト:
        4. 軽量かつ堅牢な車体設計:
    5. 雑学5.スバルのロゴ
      1. スバルのロゴ – 詳細解説
        1. ロゴのデザイン:
        2. 意味と由来:
        3. 企業歴史との関連:
        4. ブランドアイデンティティ:
    6. 雑学6.ラビットスクーター
      1. ラビットスクーター – 詳細解説
        1. ラビットスクーターの誕生:
        2. 設計と特徴:
        3. 人気と影響:
        4. モデルの進化:
        5. スバルの基盤形成:
    7. 雑学7.バスボディの製造
      1. バスボディの製造 – 詳細解説
        1. 戦後の事業展開:
        2. バスボディ製造の開始:
        3. キャブオーバー型バスの開発:
        4. 技術革新:
        5. バス業界への影響:
        6. 多角的な事業展開:
    8. 雑学8.朝鮮特需と富士重工業
      1. 朝鮮特需と富士重工業 – 詳細解説
        1. 朝鮮特需の背景:
        2. 富士重工業の状況:
        3. 経済効果:
        4. 富士重工業の事業拡大:
        5. 長期的な影響:
        6. 自動車産業への進出:
    9. 雑学9.航空機製造の歴史
      1. 航空機製造の歴史 – 詳細解説
        1. 初期の航空機製造:
        2. 中島飛行機の成長:
        3. 主要な航空機:
        4. 戦後の転換:
        5. 富士重工業への変遷:
        6. 航空技術の遺産:
        7. 現代における航空機事業:
    10. 雑学10.トヨタ自動車との関係
      1. スバルとトヨタ自動車の関係 – 詳細解説
        1. パートナーシップの始まり:
        2. 株式取得と影響:
        3. 共同開発プロジェクト:
        4. 技術交流と協力:
        5. 相互の強みの活用:
        6. 将来の展望:
    11. まとめ:スバル愛好家(スバリスト)必見!スバル車の雑学10選!

スバル車の雑学10選!スバル愛好家(スバリスト)必見!

スバル愛好家(スバリスト)必見!スバル車の雑学10選!

雑学1.スバルの起源

1917年、中島知久平によって設立された飛行機研究所がスバルの前身です。第二次世界大戦後、航空機製造から自動車製造へと事業を転換しました。

スバルの起源 – 詳細解説

中島飛行機の設立:

スバルの前身は、1917年に中島知久平によって設立された飛行機研究所です。この研究所は、後に中島飛行機として知られるようになりました。中島飛行機は、日本の航空機産業のパイオニアとして、第二次世界大戦中に多くの軍用機を製造しました。

戦後の転換:

第二次世界大戦の終結後、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)によって、日本の航空機製造は禁止されました。これにより、中島飛行機は新たな事業を模索する必要に迫られました。

富士産業への改称と分割:

中島飛行機は1945年に富士産業と改称され、その後、GHQの指示により複数の会社に分割されました。この分割された会社の一つが、後の富士重工業(スバルの前身)となります。

富士重工業の設立:

1953年、旧中島飛行機の関連会社が合併して富士重工業が設立されました。この時、5つの会社が合併して1つの大きな会社になったことが、スバルのロゴ(6つの星)に象徴されています。

自動車製造への転換:

富士重工業は、航空機製造から自動車製造へと事業を転換しました。1958年には、スバル・360という軽自動車を発売し、自動車メーカーとしての地位を確立しました。

このように、スバルの起源は航空機製造にあり、戦後の産業転換を経て自動車メーカーとしての地位を築き上げました。航空機製造で培われた技術は、その後の自動車設計にも大きな影響を与えています。

雑学2.商号の変更

スバルの商号変更


スバルはもともと「富士重工業」という名前でしたが、2017年に自動車ブランド名である「SUBARU」に商号を変更しました。

スバルの商号変更 – 詳細解説

富士重工業からの変遷:

スバルはもともと「富士重工業株式会社」として知られていました。この名前は、1953年に設立された当初から使用されていたものです。富士重工業は、航空機製造の背景を持ち、戦後に自動車製造に転換した企業です。

ブランド名「スバル」の浸透:

自動車製造を始めて以降、富士重工業は「スバル」というブランド名で自動車を製造・販売していました。この「スバル」という名前は、日本国内外で徐々に認知され、強いブランドイメージを築き上げていきました。

商号変更の決定:

2017年4月1日、富士重工業は自動車のブランド名である「SUBARU」に由来する「株式会社SUBARU」へと商号を変更しました。この変更は、ブランドとしての「スバル」の認知度が高まり、自動車事業が同社の主要事業となっていたことを反映しています。

変更の意図:

商号を「スバル」に変更することで、企業としての一体感を強化し、国内外でのブランドイメージをより統一的かつ強固なものにすることを目指しました。また、自動車事業に対するコミットメントを明確にし、企業としての方向性を強調する狙いもありました。

ブランドとしての影響: 商号変更後、スバルは自動車メーカーとしてのアイデンティティをさらに強化し、国際市場での存在感を高めています。スバルの自動車は、独自の技術とデザインで知られ、特に安全性と走行性能において高い評価を受けています。

この商号変更は、スバルが長年にわたって築き上げてきたブランド価値と、自動車製造におけるその専門性を反映する重要なステップでした。また、企業としての歴史と進化を象徴する出来事とも言えます。

雑学3.スバル・360の成功

スバル・360の成功

1958年に発売された軽乗用車「スバル・360」は、スバルの自動車メーカーとしての地位を確立する大きな成功を収めました。

スバル・360の成功 – 詳細解説

スバル・360の登場:

スバル・360は、1958年に富士重工業(現在のSUBARU)によって発売された軽自動車です。この車は、戦後の日本におけるモータリゼーションの拡大に大きく貢献しました。

設計の特徴:

スバル・360は、その小さなボディサイズと軽量設計で知られています。車両重量はわずか385kgで、空冷2ストロークのリアエンジンを搭載していました。このコンパクトな設計は、狭い日本の道路環境に適しており、都市部での運転に理想的でした。

愛称「レディバード」:

スバル・360はその愛らしい外観から「レディバード」という愛称で親しまれました。この愛称は、日本全国の家庭に親しまれることになり、スバル・360の人気をさらに高めました。

経済的な選択:

スバル・360は、低価格で維持費も安いことから、多くの日本人にとって初めての車となりました。この経済的なアピールは、高度経済成長期の日本において、中・低所得層の家庭にもモータリゼーションをもたらすことに成功しました。

製造と販売の成功:

スバル・360は、発売から12年間で約39万台が製造されました。この成功は、スバルが日本の自動車市場において重要なプレイヤーとなる基盤を築くきっかけとなりました。

スバルのブランド確立:

スバル・360の成功は、スバルブランドの確立に大きく貢献しました。この車は、スバルの技術力と革新的なアプローチを市場に示すことに成功し、後のスバル車の設計にも影響を与えました。

スバル・360は、そのユニークなデザイン、経済性、そして日本の道路環境に適した設計で、日本の自動車産業における重要なマイルストーンとなりました。この車は、スバルが今日のような自動車メーカーとしての地位を築く上で、不可欠な役割を果たしました。

雑学4.ユニークな技術

スバルは4輪独立懸架や水平対向エンジン

スバルは4輪独立懸架や水平対向エンジンといった独自の技術で知られています。これらは特に北米市場で高く評価されています。

スバルのユニークな技術 – 詳細解説

水平対向エンジン:

特徴: スバルの最も特徴的な技術の一つは、水平対向エンジン、通称「ボクサーエンジン」です。このエンジンは、シリンダーが左右対称に水平に配置されているのが特徴です。
利点: 水平対向エンジンは、低重心と良好な振動バランスを提供します。これにより、車両の安定性とハンドリングが向上し、快適な運転体験を実現します。

シンメトリカルAWD(全輪駆動):

特徴: スバルはシンメトリカルAWDシステムを多くのモデルに採用しています。このシステムは、エンジン、トランスミッション、ドライブシャフトが左右対称に配置されています。
利点: この対称的なレイアウトは、車両のバランスを最適化し、優れたトラクションと安定した走行性能を提供します。特に悪路や雪道での性能が高く評価されています。

レガシィシリーズとアイサイト:

特徴: スバルのレガシィシリーズは、高い安全性能と快適な乗り心地で知られています。また、アイサイトと呼ばれる先進的な運転支援システムを搭載しています。
利点: アイサイトシステムは、衝突回避支援や車線維持支援など、安全運転をサポートする機能を多数備えています。これにより、ドライバーの負担を軽減し、事故のリスクを低減します。

軽量かつ堅牢な車体設計:

特徴: スバルは、軽量でありながら堅牢な車体設計を採用しています。これは、高い安全性能を確保しつつ、燃費効率を向上させるためのものです。
利点: 軽量化は燃費の改善に寄与し、堅牢な車体は衝突時の安全性を高めます。このバランスの取れた設計は、スバル車の魅力の一つとなっています。
これらの技術は、スバルが長年にわたって培ってきた独自の技術革新の結果です。特に水平対向エンジンとシンメトリカルAWDシステムは、スバル車の性能とアイデンティティを象徴するものとして、世界中の多くのドライバーから高い評価を受けています。

雑学5.スバルのロゴ

スバルのロゴ

スバルのロゴには6つの星が描かれており、これは5社が合併して1つの大きな会社になったことを象徴しています。

スバルのロゴ – 詳細解説

ロゴのデザイン:

スバルのロゴは、青い背景に白い星々を配したデザインです。このロゴには、合計で六つの星が描かれています。

意味と由来:

「スバル」という名前は、日本語で「プレアデス星団」を意味する「昴(すばる)」から来ています。プレアデス星団は、夜空で最も明るく見える星団の一つで、日本では古くから親しまれています。
ロゴに描かれた六つの星は、プレアデス星団を象徴しています。ただし、実際のプレアデス星団には七つの星がありますが、スバルのロゴでは一つの星が他の星に比べて小さく描かれています。これは、星団の中で肉眼で見えにくい星を表しています。

企業歴史との関連:

スバルのロゴには、企業の歴史も反映されています。ロゴにある六つの星は、スバルの前身である富士重工業が成立する際に合併した五つの企業と、それらを統合した一つの大きな会社を象徴しています。
このロゴは、スバルが多様な企業の合併によって成立したこと、そしてその多様性を力に変えてきた歴史を表しています。

ブランドアイデンティティ:

スバルのロゴは、同社の自動車における品質、革新性、そして信頼性を象徴しています。星々が集まって一つの大きな輝きを放つように、スバルは多様な技術とアイデアを結集して、高品質な自動車を生み出しています。
スバルのロゴは、単なるデザイン以上の意味を持ち、企業の歴史、哲学、そして目指す方向性を象徴しています。このロゴは、スバル車が持つ独自性と品質を世界中の人々に伝える重要な役割を果たしています。

雑学6.ラビットスクーター
雑学7.バスボディの製造
・​雑学8.朝鮮特需と富士重工業
雑学9.航空機製造の歴史
雑学10.トヨタ自動車との関係

雑学6.ラビットスクーター

ラビットスクーター

戦後の混乱期にスバルは「ラビットスクーター」を発売し、大きな人気を博しました。これがスバルの基盤を支える重要な商品となりました。

ラビットスクーター – 詳細解説

ラビットスクーターの誕生:

ラビットスクーターは、第二次世界大戦後の1946年に富士重工業(後のスバル)によって開発されました。戦後の日本では、輸送手段の不足が深刻な問題となっており、ラビットスクーターはその解決策の一つとして登場しました。

設計と特徴:

初期のモデルは、戦時中に使用されていた航空機の部品を再利用して製造されました。例えば、初期のモデルでは、戦闘機の尾輪をタイヤとして使用していたとされています。
ラビットスクーターは、軽量で取り回しが容易であり、燃費も良好でした。これらの特徴は、戦後の日本において非常に重要でした。

人気と影響:

ラビットスクーターは、その手頃な価格と実用性で、戦後の日本におけるモータリゼーションの普及に大きく貢献しました。特に、都市部や田舎地域での移動手段として広く受け入れられました。
このスクーターは、日本国内でのモビリティの概念を変え、多くの人々に移動の自由を提供しました。

モデルの進化:

ラビットスクーターは、その後も様々なモデルが開発され、改良が加えられ続けました。デザインの洗練、性能の向上、快適性の改善などが図られ、幅広い消費者層に受け入れられるようになりました。

スバルの基盤形成:

ラビットスクーターの成功は、富士重工業(スバル)の基盤を固める重要な要素となりました。この成功は、同社が後に自動車製造に進出するための財政的な基盤と技術的な経験を提供しました。
ラビットスクーターは、スバルの歴史の中で特に重要な製品の一つであり、戦後の日本におけるモータリゼーションの発展に大きく貢献した製品です。このスクーターは、スバルが後に自動車産業で成功を収めるための基礎を築く上で、非常に重要な役割を果たしました。

雑学7.バスボディの製造

雑学7.バスボディの製造

スバルはバスボディの架装も手掛けており、特にキャブオーバー型ボディで人気を得ました。

バスボディの製造 – 詳細解説

戦後の事業展開:

第二次世界大戦後、富士重工業(後のスバル)は航空機製造から転換し、多様な輸送用機器の製造に着手しました。この中には、バスボディの製造も含まれていました。

バスボディ製造の開始:

富士重工業は1946年からバスボディの架装を開始しました。当時、日本は輸送力不足に直面しており、バスは重要な公共交通手段となっていました。

キャブオーバー型バスの開発:

富士重工業は、特にキャブオーバー型バスボディの製造で知られていました。キャブオーバー型は、運転席がエンジンの上または前方に配置される設計で、床面積を大きく取れるため、乗客の収容能力が高まります。

技術革新:

1949年には、アメリカ製リアエンジンバスに触発されて、日本初のモノコックボディ・リアエンジンバス「ふじ号」を完成させました。この設計は、スペース効率が高く、乗り心地も改善されていました。

バス業界への影響:

富士重工業のバスは、その革新的な設計と高い品質で、日本のバス業界に大きな影響を与えました。特にリアエンジンバスの普及は、日本のバス設計の主流を形成するきっかけとなりました。

多角的な事業展開:

バスボディ製造は、富士重工業が多角的な事業を展開していたことを示しています。自動車、スクーター、バスといった多様な輸送用機器の製造により、同社は幅広い技術力と製造能力を蓄積しました。
バスボディの製造は、スバルの前身である富士重工業が多様な輸送手段の開発に取り組んでいた歴史の一部です。この事業は、同社の技術革新と製造能力の高さを示すものであり、後の自動車製造における成功の基礎を築く上で重要な役割を果たしました。

雑学8.朝鮮特需と富士重工業

雑学8.朝鮮特需と富士重工業

朝鮮戦争による「朝鮮特需」は、スバルの前身である富士重工業にとって大きな転機となりました。

朝鮮特需と富士重工業 – 詳細解説

朝鮮特需の背景:

朝鮮特需は、1950年に勃発した朝鮮戦争に起因します。この戦争は、日本経済に大きな影響を与え、特に日本の重工業や輸送機器産業に大きな需要をもたらしました。

富士重工業の状況:

戦後、富士重工業(スバルの前身)は、航空機製造から転換し、多様な輸送用機器の製造に着手していました。朝鮮戦争の勃発は、同社にとって新たなビジネスチャンスを意味していました。

経済効果:

朝鮮戦争による特需は、日本の戦後復興に大きく貢献しました。富士重工業もこの波に乗り、バスやスクーター、そして自動車の製造において大きな成長を遂げました。

富士重工業の事業拡大:

朝鮮特需により、富士重工業は製造能力の拡大と技術開発に注力しました。特に、バスやスクーターの製造は、同社の事業多角化と成長に大きく寄与しました。

長期的な影響:

朝鮮特需は、富士重工業にとって短期的なビジネスチャンスに留まらず、長期的な事業基盤の強化にも寄与しました。この時期に蓄積された技術力と資金は、後の自動車製造への進出に重要な役割を果たしました。

自動車産業への進出:

朝鮮特需による経済的な恩恵は、富士重工業が自動車産業に本格的に進出するための基盤を築く助けとなりました。特に、1958年のスバル・360の発売は、同社が自動車メーカーとしての地位を確立する重要なステップでした。
朝鮮特需は、富士重工業にとって重要な転機であり、戦後の日本経済全体にも大きな影響を与えました。この時期に得た経済的な利益と技術的な進歩は、同社が後にスバルとして知られるようになる自動車事業の基礎を形成する上で不可欠でした。

雑学9.航空機製造の歴史

雑学9.航空機製造の歴史

スバルは航空機製造の歴史を持ち、多くの著名な軍用機を製造していました。

航空機製造の歴史 – 詳細解説

初期の航空機製造:

スバルの前身である中島飛行機は、1917年に設立されました。中島知久平によって創設されたこの会社は、日本の航空機製造のパイオニアでした。

中島飛行機の成長:

中島飛行機は、第二次世界大戦中に日本の主要な航空機メーカーの一つとして成長しました。同社は、陸海軍のために多くの軍用機を製造し、日本の航空技術の発展に大きく貢献しました。

主要な航空機:

中島飛行機は、九七式戦闘機、一式戦闘機「隼」、二式戦闘機「鍾馗」、四式戦闘機「疾風」など、多くの著名な軍用機を製造しました。これらの航空機は、日本の航空戦力の中核を成しました。

戦後の転換:

第二次世界大戦後、連合国軍最高司令官総司令部(GHQ)の指示により、日本の航空機製造は禁止されました。これにより、中島飛行機は航空機製造から他の産業への転換を余儀なくされました。

富士重工業への変遷:

中島飛行機は、戦後に富士産業として再編され、その後、複数の会社に分割されました。これらの会社の一部が後に合併し、富士重工業(現在のスバル)が誕生しました。

航空技術の遺産:

航空機製造で培われた技術は、富士重工業の自動車製造に大きな影響を与えました。特に、エンジニアリングの精度や軽量化技術は、自動車設計において重要な要素となりました。

現代における航空機事業:

スバルは現在も航空機事業を継続しており、特に航空機の部品製造やメンテナンスサービスに注力しています。これは、同社の長い航空機製造の歴史と技術の蓄積を反映しています。
スバルの航空機製造の歴史は、同社の技術革新と製品開発の基盤を形成する重要な要素です。この歴史は、スバルが自動車メーカーとして独自の地位を築く上で、不可欠な背景となっています。航空機製造で培われた技術と経験は、現在のスバルの自動車製造にも生かされており、その製品の品質と革新性に大きく貢献しています。

雑学10.トヨタ自動車との関係

雑学10.トヨタ自動車との関係

2020年から、スバルはトヨタ自動車の持分法適用会社となっています。

スバルとトヨタ自動車の関係 – 詳細解説

パートナーシップの始まり:

スバル(富士重工業)とトヨタ自動車の関係は、2005年に始まりました。当時、トヨタはスバルの親会社である富士重工業の株式の一部を取得し、両社間の戦略的パートナーシップがスタートしました。

株式取得と影響:

トヨタはスバルの株式を段階的に増やし、2020年時点でスバルの株式の約20%を保有しています。これにより、トヨタはスバルの最大の株主の一つとなりました。

共同開発プロジェクト:

両社は、複数の共同開発プロジェクトを進めています。最も有名なのは、スポーツカー「スバルBRZ」と「トヨタ86」の共同開発です。これらの車は、それぞれのブランドの特性を活かしつつ、共通のプラットフォームとエンジンを使用しています。

技術交流と協力:

スバルとトヨタは、ハイブリッド技術や電気自動車(EV)技術、自動運転技術など、さまざまな分野で技術交流と協力を行っています。この協力は、両社の製品開発において新たな価値を生み出しています。

相互の強みの活用:

このパートナーシップは、スバルの水平対向エンジンや四輪駆動技術、トヨタのハイブリッド技術など、両社の相互の強みを活用することを目的としています。

将来の展望:

両社は、持続可能なモビリティの未来に向けて協力を続けています。特に、電動化、自動運転、コネクテッドカー技術などの分野での協力が期待されています。
スバルとトヨタの関係は、単なる株式の取得を超えて、深い技術的協力と共同開発に発展しています。このパートナーシップは、両社にとって新たな技術革新の機会を提供し、自動車業界における競争力を高める重要な要素となっています。また、両社の協力は、自動車業界の持続可能な発展にも寄与していると言えるでしょう。

スバルの歴史と技術は、ただの自動車メーカー以上のものを持っています。そのユニークなアプローチは、世界中の多くのファンを魅了してきました。今回は「スバル車の雑学10選」をご紹介しました。

まとめ:スバル愛好家(スバリスト)必見!スバル車の雑学10選!

スバル車の雑学10選は、スバルの魅力的な歴史と技術について紹介しました。スバルは1917年に中島知久平が設立した飛行機研究所が起源で、第二次世界大戦後に自動車製造に転換しました。元々「富士重工業」として知られていたスバルは、2017年にブランド名「SUBARU」に商号を変更。1958年に発売された「スバル・360」は、同社の自動車メーカーとしての地位を確立しました。スバルは4輪独立懸架や水平対向エンジンなどの独自技術で知られ、ロゴには5社が合併して1つの大きな会社になったことを象徴する6つの星が描かれています。戦後の「ラビットスクーター」の成功、バスボディの製造、朝鮮戦争による「朝鮮特需」の影響、航空機製造の歴史、そしてトヨタ自動車との関係がスバルの重要な側面を形成しています。